×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフォメーション--スタジアム見学ツアー・オリンピック塔--旅の写真館


クリックすると大きな画像になります/HSV gegen 1860Muenchen
04/19/2003
季節は春だというのにまだ冬のコートが手放せない日だった。
ミュンヘンオリンピアスタジアムで、高原が所属するハンブルガーSV
(ドイツ語では“ハンブルガーエスファウ”)と、地元ミュンヘンの1860ミュンヘン
(ゼヒチッヒミュンヘン)の試合が行なわれた。

高原、というと丁度私がドイツに入国した2月某日、
同じこのミュンヘンオリンピアスタジアムでBayernMünchenの
あの、ゴールキーパー、OliverKahnオリバー・カーンから記録的なゴールを奪ったのだ。

記録的、と云うのは、オリのゴールセーブ記録。
私は空港からタウシーで市内に向かう途中で、車のラジオでアナウンサーが
「タカハラ、タカハラ」
と、連呼していたので、単純に試合があったのだろう、としか思っていなかったが、
翌日の各新聞では大々的にこの高原の快挙が報道された。


クリックすると大きな画像になります/HSV gegen 1860Muenchen
この時期のブンデスリーガは、バイエルンミュンヘンが首位、
HSVは4位、1860ミュンヘンは中間くらいの順位で、
当然HSVが勝利すると確信していた。

学校の友人4人でスタジアムに向かい、チケットを購入し、
急いで席を探していると、HSVのファンから
「タカハラ!タカハラ!」
と声を掛けられ、別に高原ではないが、同じ日本人、
ついでに同じ県出身の人間として嬉しくなってしまった。

席は、選手が入場してくる場所とは反対の席で、丁度真ん中だった。
私はサッカーの生の試合をみるのは初めてだったが、
スタジアムは案外小さいなあ、と感じた。

もう直ぐ試合が始まる、と思って急いだのに、
スタジアムにはまだ空席が目立った。
これもドイツ人の気質なのだろうか、、、。
時間ギリギリになってほぼ席は満席となり、選手がグラウンドに姿を見せた。


クリックすると大きな画像になります/HSV gegen 1860Muenchen
この日は幸運にも、高原はフル出場だった。
ミュンヘンが地元、ということもあって、1860ミュンヘンのファンが多く、
私の席の周囲も1860ミュンヘンのファンで埋められていた。
(ポツポツ日本人の姿もあったが。)

そんな中で何故かフランス代表のユニフォームを着ていた
ちょっとトンチンカンな友人 韓国人の友人hk hk(韓国出身)。


クリックすると大きな画像になります/HSV gegen 1860Muenchen
前半は1860ミュンヘンの優勢で、高原は活躍するどころか、
ミスが目立ち、相手の選手と接触して転倒したり、
いきなり一人で転倒する場面もあって、私達は少しガッカリしていた。

試合は前半に1860ミュンヘンが1点を先制し、ハーフタイムに。
後半も高原は出場したが、前半同様、残念ながら好プレーは見られなかった。
後に知ったことだが、この日の高原は足を負傷したらしい。
だが、後半になってようやくHSVが同点に追いついた。


クリックすると大きな画像になります/1 zu 1
私はゴールが決まったのか、キーパーによってセーブされたのが、
良く見えず、友人に確認したところ、ゴールを決めたようだった。

立ち上がって喜んだが、周囲を見ると1860ミュンヘンファンの冷たい視線が私に注がれ、
私は小声で「今日だけだから、、、高原だけだから、、、。」と呟いた。


クリックすると大きな画像になります/チケット
この日は結局1対1のドローで試合は終わった。
2月にオリからゴールを奪った時のような、高原の劇的なプレーは見られなかったが、
同世代、同県出身として、やはり高原を誇りに思えるそんな1日だった。



インフォ



ミュンヘンオリンピックスタジアム見学ツアー
 OlympiaParkMuünchenオリンピアパークミュンヘン DeutscheFlagge

■値段
 ・大人: 5.00 €
 ・子供、学生、大学生(学生証提示): 3.50 €

ミュンヘンウェルカムカードの割引値段
 ・大人: 4.50 €
 ・子供、学生、大学生(学生証提示): 3.00 €

■時間
 ・毎日:11:00(4月-10月)
 ・およそ60分間のツアー

■待ち合わせ場所
 ・スタジアムのチケット売り場、北
 スタジアムのチケット売り場の地図 DeutscheFlagge
 (*T2、と書かれた場所)