×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドイツで報道、紹介された日本に関するニュースを、直訳に近い形で紹介します。

*このコーナーは、“ニホンのニュース〜ドイツ編。”として、ブログ化しました。

01/25 日本のライブドアの社長、逮捕。 01/25 new!
  01/23 日本:アメリカの牛肉に対する再度の禁止。 01/23 new!
  01/21 はっきりとしない、ウェブミリオネア。 01/21 new!
  01/16 少なくとも、日本で70名が寒さで死亡。
  12/28 日本:天皇が女性の役割を認める。
  12/21 日本の雪のカオス。多くの飛行機は欠航、列車は脱線。
  12/17 高原はハンブルガーSV(エスファウ)からの別れを考えている。
  12/14 日本で、土曜日に再び一人の女子学生が殺された。
  12/05 日本は男性の王位継承を廃止しようとしている。--日本は女性を王位に就かせたがっている。
  11/25 ドイツへ行く資格を得た、一番はじめのチーム。
  11/13 さようなら、プリンセス清子!


  *オススメのドイツ語の辞書、電子辞書はこちら

01/25 「日本のライブドアの社長、逮捕。」


東京(ロイター)

日本のインターネット企業、ライブドアの社長、
堀江貴文氏が、月曜日(23日)逮捕された。

その会社への株価操作の容疑のために行なわれた検察庁の捜査は
先週、東京取引所のパニック状態の取引や著しい損失を引き起こした。

東京の捜査当局は、堀江氏と、さらに3人のライブドアの指導的人物を、
有価証券法違反の容疑で逮捕した、と知らせた。

日曜日、自身のインターネットサイトで、その33歳の男性は、
ライブドアが避難されている違反行為について覚えがない、と書いた。

関連企業は、投資家に嘘の情報を流したとされている。

さらに、すでに管理されていた会社の、
架空買収を実行したことに容疑が掛かっている。

それに対し、ライブドアは自社株を支出し、利益で売った。

捜査は先週、他のハイテク企業も疑われる可能性があることで、
多くの投資家たちの不安を引き起こした。

短時間で大量の株が売られたことにより、
東京取引所のコンピュータシステムが容量の範囲に達した。

取引は中止せざるを得なかった。

先週の水曜日(17日)、堀江氏のアシスタントである、
38歳の野口英昭氏が、南日本の島、沖縄のホテルで、
動脈を切った状態で発見された。

堀江氏は同僚の死によって、
メディアニュースに驚きを示した。

警察はまず第一に、その事件についての表明をしたがらなかった。

大学中退者である堀江氏は、わずか5万ドルという資本金で、
ライブドアの前身の会社を興した。

彼のアグレッシブな企業戦略と、
広告塔として彼自身を攻撃的に商品化することで、彼は成功した。
そして、株の価値は60億以上となった。

アメリカドルは価格を上げている。

ライブドアの入口は、日本で最も人気のあるウェブサイトだ。

そのうえ、企業グループはおおよそ50のソフトウェア、
コンサルタント、イーコマース(電子商取引)会社を所有している。

04年、堀江氏は、プロ野球チームを買おうと試みた。

さらに、昨年は大きなメディア企業に対し敵対的買収を挑んだ。

それにより、彼はすっかり日本の新しいダイナミックな象徴的存在となった。

小泉純一郎総理大臣は、その若い企業家に
国会のポストのための立候補をさせる気さえ、起こさせた。

堀江氏は、もちろん敗北した。

しかしながら、彼のキャリアはすでに随分長い間、
厳しい避難が付きまとっていた。

例えば、フェラーリやプライベートジェットでの、
企業家の贅沢な行動がきっかけで、怒りをかった。

また、堀江氏の表明した人生のモットーは挑発した。:
“金を稼ぐことがすべてだ。”

(01/23付けロイター通信より。)




01/23 「日本:アメリカの牛肉に対する再度の禁止。」


日本はアメリカの牛肉に対し、輸入禁止を延長した。

数日前、アメリカからの牛肉のコンテイナーが日本に到着し、
BSE病原体の疑いがあった。

日本の総理大臣、小泉純一郎氏は金曜日に伝えた。

港は数週間前、再びアメリカの牛肉に対し開かれた。

小泉氏は遺憾の気持ちを表明した。
彼は農林大臣に疑いについて、再び輸入を禁止するよう、強要した。

過去数日間、アメリカの政治家は、
可能な輸出業者に対し、楽観的に表明していた。
その6週間前、日本の近くの香港、韓国でアメリカの牛肉に対し、港が開かれた。

(01/20付けFinanzNachrichten.deより。)




01/21 「はっきりとしない、ウェブミリオネア。」


■日本の若いスターが、株式市場の動きを動かす。

彼は日本のビル・ゲイツとして褒め称えられ、
失礼な登場の仕方で目立ち、国会に立候補した。

その若いインターネット経営者、堀江貴文は、
日本の経済界で目立った存在だ。

彼は検察と東京の株式市場のことで、ごたごたとしている。

東京:
東京地検の捜査は、2005年4月以来、
こんにちの日本の株式市場に最も強い損害を与えた、
堀江氏のインタネット会社、ライブドアに対してだ。

日経市場の指数は、売買終了まで2.8%、15.805,95ポイントまで落ち込んだ。
ライブドアの会社が家宅捜索されるということは、
あらかじめ知られていた。

その企業は、偽の情報を流布させたという、
容疑がかかっている。

捜査員は、詳しい詳細を言及していない。

ライブドア株は、はじめの取引の時間で、14.4%損失し、
それから取引は中止された。

その企業は、テレコミュニケーションやソフトウェア開発の中で、
日本でさまざまなインターネットサービスの
非常に成功した入口を提供している。

33歳の堀江氏は、彼と自社は捜査にきちんと協力する、と強調した。

同じく、テレコミュニケーション企業のソフトバンクの銘柄は、
投資家が、同じ業種へ強制捜査が入ったことの影響を恐れ、
大量に売らた。

ソフトバンクは、11,11%の3840円まで急落した。

ライバル社のヤフージャパンは、
8,38%の164,000円まで下がった。

スーツよりもTシャツを好む堀江氏だが、
過去、何度もセンセーションを引き起こした。

彼は、危機に陥っていた野球チームを買うという、
もう1つの成功に挑戦した。
そして敵対的な買収要求を、フジテレビジョンネットワークに行なった。

■反逆者、幻想者、それとも群れを汚す人?

彼は日本で、全ての年長者よりも先に、
カジノにためらわない資産家のような、典型になった。

その一方で、彼の若いファンによって堀江氏は、
かつて、上司や官僚、政治家のような、共に協調する日本の株式会社に対して、
反逆者として褒め称えられた。

そのうえ、堀江氏はフリーの立候補者として引く受け、
政権を取っている自由民主党の支援を受け、昨年の国会の選挙に出た。
しかし、国会では飛躍することは出来なかった。

彼の本、“お金持ちへの入門〜どうやって100億稼げるか〜”の中で、
儒教が印象強い国家、年長者への尊敬の、すべてのタブーに相当背いき、
“無駄なことは、年長者の説教だ”と、侮辱した。

“どの人も、長くは生きられない。
 しかし、情報はそうではない。”

伝統的な国にとって、
すでに堀江氏の発展はぞっとさせられた。
大学生の時、彼は早々にエリートの東京大学を中退した。

退屈な、聞いているだけの読書の代わりに、
大学生は最も重要な教本を読むべきだ、
そして、他の点で、彼のことを見習うべきだ、と彼は助言した。
“会社を興し、社長の肩書きで名刺を配る”。
その変わり者は、23歳でインターネット会社“オンザエッジ”を基礎作り、
04年には“ライブドア”と改名した。

(01/17付けSpiegelより)



更新:01/2006